Jarn@Yellow Snakeman
ケークリクリエーターJarnのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

作品コメント「KEY/手掛かり(Super Introメール用)」。

自分が使いたいがために作りました(笑)。

自分の携帯のメール着信音として、既に公開済みのKEYを鳴動1秒設定とかにして使ってたんですけど、「ちゃららら」で終わってほしいのに、「ちゃらららびよーん」って感じになっちゃってて。なんか力が抜ける感じだったんで、いつか「ちゃららら(スパッ)」のバージョンを自分のために作ろう!と思っていたのが今回実現した、というのが実際のところです。

といった特殊な事情で作った特殊な着メロなんで、一般にはそんなに需要ないかな?と思っていたんですが、思いのほか好評のようです。ダウンロードして下さった皆様、ありがとう御座いました!!

スポンサーサイト


  1. 2005/08/31(水) 21:47:21|
  2. 作品コメント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作品コメント「以心電信(予告編)~YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF~」。

コメント書くの忘れてました(汗)。

この曲、既に16音版を公開済みで、しかも珍しく自分でもかなり納得のいく仕上がりだったので、32音以上版の作成が後回しになっていました。改めて16音版と(MA-2版と)くらべてみると・・・よく聴くとさすがに音の厚みとかが違いますが、大幅にリアルになったかというと・・・正直そんなに変わってないような・・・シンベは結構違いますが、リードとかバッキングに関してはMA-2版もかなりいけてます。ドラムもスネアにPCMを使ってたので、そんなに聴き劣りしません。とはいえトータルではMA-3版の方が良いと思いますので、存在意義がないとかいうことはありません。それにPCM音源版については大幅に向上していると思いますし。

MA-3/MA-5機種を使用していらしゃる方は、今でもMA-2版(16音版)のダウンロードや試聴は可能だと思いますので、興味ある方は比較してみたりするのも面白いかもしれませんね。



  1. 2005/08/31(水) 21:44:41|
  2. 作品コメント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作品コメント「MASS(ORCHESTRA MIX)」。

人気アルバム『BGM』の中でも人気の高い「MASS」、自分も大好きな曲です(BGMの曲は全部好きですが)。

今回のはYellow Snakemenとしては今までにないアレンジというか。

原曲はご存知の通りProphetによるストリングス&ブラス系サウンドを用いた荘厳な感じのオーケストラっぽいアレンジになってます。これがまた非常に良いわけですが、この際逆に生音系サウンドにしてみたらどうなるかな?といった感じで進めてみました。いってみれば「えせ生オーケストラ」ですか。

オリジナル版アレンジに近い形のシンセベースとシーケンス、リズム(バスドラ&特徴的なシンセ系パーカッション)でバックを固め、その上にオーケストラ(っぽい)サウンドを乗せてみました。個人的には「たまにはこんなのもあり?」と思ってますがどんなもんでしょう。

今回は、Aメロ先頭から45秒のバージョンとしました。実はもう少し後ろまで作ったんですけどね・・・。



  1. 2005/08/20(土) 01:17:22|
  2. 作品コメント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作品コメント「WILD AMBITIONS(Y.S. MIX)」(着うたフォーマット)

PERSPECTIVEに続きアルバム「SERVICE」からWILD AMBITIONSです。御馴染みのWurlitzerソロ部分をフィーチャーしてY.S. MIX(※脚注)仕立てにしてみました。

着メロ版も好評配信中ですが、着メロではエフェクトを含めてWurlitzerの独特な感じを表現するのが難しく、かなりの妥協がありましたが、今回はわりと納得いく音作りができました。とはいえ、もちろん(?)本物のWurlitzerを使った訳じゃなくて(汗)、手持ちの音源から一番良さそうなのを選んで、エフェクタで音作りしていった、という感じです。最終的には、ちょっとRhodesっぽいニュアンスの音色になってしまいましたが、あくまでWurlitzerということで(汗)。

アレンジの方向性は前回のPERSPECTIVEとほぼ一緒で、オリジナルのコピーを基本としつつリズムトラックにちょっと手を加た、という感じです。ドラムスは今回も808です。前回同様ちゃんとエンディングしてます。この曲のエンディング、とても格好良くて好きなんですよね。

※Yellow Snakeman MIXの訳なんですが、一応意味的には「Jarn好みにアレンジ・MIXしたもの」って感じです。とはいえ、以前にも書きましたがYMO楽曲の場合あまり崩したくないので、ほとんど完コピに近くなってしまうわけですが・・・今のところ特にこれといった方向性を示す言葉じゃないですが、現状は「P5系をはじめアナログシンセサウンド多用、リズムトラックは808あたり」といった気がします(笑)



  1. 2005/08/06(土) 07:39:03|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

サウンドハウス

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。