Jarn@Yellow Snakeman
ケークリクリエーターJarnのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

配信したくても出来ない曲。

主に著作権の関係で、配信したくても出来ない曲があります。YMO関係は比較的問題ない場合がほとんどなんですけどね。それでも皆無ではありません。

例えば「Firecracker」、ご存知“YMOの最初の曲”です。昔からご利用頂いている皆様はご存知かと思いますが、過去にはYellow Snakemanでも配信していた時期がありましたが、今は配信停止しています。マーティンデニーのカバーなんですけど、著作権に問題があるとのことで配信停止になってしまいした。著作権管理は色々難しいことも多くて、同じアーティストの曲でも大丈夫なものやダメなものがあります。著作権関係は甘く見てると大事になりかねないので慎重にならざるを得ず、仕方ないですね。

実は一曲、かなり以前に8割方作って、配信していいものかどうか迷った挙句に放置している曲があります。ある曲をベースにした細野さんの曲なんですけどね。実はベースとなっているある曲は配信不可の曲なんです。細野さんの曲という扱いで著作権上は問題なさそうなんですけどベース曲そのままといってもいい部分も多くて「ちょっと、本当に大丈夫なの??」って感じなんです。ピン!と来た方もいるかもしれませんね。思い切って配信してみようかな!?

スポンサーサイト


  1. 2005/06/28(火) 23:42:05|
  2. 着メロ雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作品コメント「中国女/LA FEMME CHINOISE(BAND MIX)」(着うたフォーマット)。

またまたBAND MIXです(笑)。

この曲はライブでも大抵演奏されていたみたいですし、幸宏さんのソロライブでも一時期かなりの頻度で演奏されていたと思います。それらも(もちろん聴いた事があるものに限りますが)参考にアレンジしています。

最初はもっとエレクトリックな感じのミックスをイメージしていたんですけど、調整しているうちに生っぽい部分が全面に出てきました。自分としては結構気に入ってます。少なくとも過去のBAND MIXシリーズの中では一番気にいってます。

ドラムは生を意識しての打ち込みで、オカズはいかにも幸宏さんな感じです。これは意識もしてますけど、自分が打ち込むと意識しなくても幸宏さんっぽくなります。まあ、それだけ強く影響を受けているということで。もちろん、いろんな意味で本家とは比較になりませんが。

ベースはスラッププレイをアクセントとして入れてます。スラップベースのサウンドは携帯の低音が弱い再生系でも、わりとよく聴こえてくるので、そういう意味も含めて使ってみました。

ところで3パターンありますが、携帯試聴は10秒限定であり、試聴だけでは各パターンの特徴をつかみきれないかもしれないので内容を少し解説しておきます。本当は全パターン聴いてほしいところなのですが、パケ代が気になりますしね。

・「Intro-A」バージョン
IntroからAメロのバージョンです。実はほんのちょっとBメロも入ってます。Introは省略形です(笑)。FM音源主体のちょっとかわいらしくもあるサウンドにしてみました。Aメロの前半4小節がGuitarリード、後半4小節はすっかり御馴染みになった(?)得意のProphet系サウンドによるリードです。AメロはIntroのかわいらしい感じとは打って変わって歪み系Guitarでハードに攻めてみました(つもりです)。

・「A-B」バージョン
AメロからBメロのバージョンです。Aメロ部分は「Intro-A」バージョンのAメロとほぼ同じです。Bメロのシンセリードはオリジナル版のリード音を意識した音色にしてみました。Guitarの歪み系単音バッキングがポイントで、あえて全くミュートせずにバキバキ弾いてます。インディーズっぽいというか、いかにも素人っぽい感じが逆に良いんではないかと(笑)。

・「B-A」バージョン
Bメロ部分は「A-B」版とほぼ同じです。Aメロ部分は前半4小節もシンセリードにしてます。作ってる時はテクノな一風変わった音にしようと思ってたんですけど、結果的にちょっとRAVEなSAWサウンドになってしまいました(笑)



  1. 2005/06/25(土) 07:07:56|
  2. 作品コメント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Musical Baton!?

クリエータ仲間のfukkeyさんより「Musical Baton」なるものを頂きました。自分が巡回してるブログ(着メロどころか音楽とは全く関係ないとこ)でも話題になってたところを見ると、流行ってるんですね。

●コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
MP3とかですよね?それなら5Gくらいでした。ちなみに音楽製作活動用のサンプリングデータは10Gくらいです。

●今聞いている曲
今は幸宏さん再発ものですかね。具体的には、

「WHAT, ME WORRY?」
「Saravah!」
「Neuromantic」
「Murdered by the music」

です。

●最後に買ったCD
「Saravah!」です。

●よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
YMO関係を入れるとつまんないので、それ以外で。これは難しいなぁ。

「Maybe blue」UNICORN
「CLOUDY HEART」BOOWY
「Shine Love」飯島真理
「Drawing」Mr.Children
「青春のいじわる」菊池桃子

にしときます。

●バトンを渡す5名
うーん・・・、いないです(笑)「バトンを渡さなくても何も起こらないです。渡しても何も起こりません。」とのことなんで、とりあえず省略してもいいですかね!?クリエータは世を忍ぶ仮の姿なんで・・・あ、世を忍ぶ仮の姿、といえば・・・やっぱGONGさんじゃないですかね!?GONGさんに渡しとこっと(笑)



  1. 2005/06/21(火) 21:31:40|
  2. その他・雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

携帯からアクセスして頂いている皆様へ。

このBLOGですけど、記事によっては本文にリンクが張ってある場合があります。そういったリンクのほとんどがPC向けサイトですので、携帯からアクセス頂いている皆様はご注意下さい。

携帯向け、あるいは携帯対応のリンクにはその旨を明記する様に心がけていますが、逆にPC向けリンクには諸般の事情により特に明記してない場合がほとんどです。

PC向け/携帯向け共用のBLOGであるため、こういった問題も発生してしまいますが、なにとぞご理解頂いただきたく、本BLOGを今後ともよろしくお願いします!



  1. 2005/06/11(土) 00:04:19|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作品コメント「ABSOLUTE EGO DANCE(BAND MIX)」(着うたフォーマット)

アルバム「SOLID STATE SURVIVOR」収録曲から代表曲カバー三部作の完結編です(笑)。

って、そういうつもりで作り始めた訳じゃないですけど、結果的にそんな感じに。ノリのいい曲なんでそのあたりを大切にしたつもりです。

生っぽいアレンジにしようかエレクトリックなアレンジにしようか迷ったんですけど、最後はどっちかっていうと生系になりました。まあ、リードがシンセなんであれですけど。でも音的にはシンプルな感じです、全体的に。ギター1、ギター2、ドラム、ベース、キーボード、以上、みたいな。

Aメロから始めるか、Bメロから始めるかも相当迷ったんですけど、素直にAメロからにしてます。

ところで、この曲のライブテイクって存在してましたっけ?記憶になくって。ライブではやってない曲なんでしょうか。過去二曲はライブテイクなんかも大いに参考にしながらアレンジ内容を決めていったんですけど、今回も同じ感じにしようとしていざ考えてみたら”あれ?ないぞ?”みたいに思ったんで。



  1. 2005/06/05(日) 23:59:59|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作品コメント「音楽殺人/MURDERED BY THE MUSIC」。

久々の幸宏さんソロ曲です。久々というか、初めてといっても良いかもしれません。なんたって16音時代に作成した「MOONLIGHT FEELS RIGHT」以来ですから。

この曲「音楽殺人/MURDERED BY THE MUSIC」は1980年リリースの同名アルバムのタイトル曲です。幸宏さんにとってはセカンドアルバムになると思いますが、丁度YMOがブレークした頃ですよね。幸宏さんのソロアルバムの中でも人気面・知名度でかなり上位に位置するアルバムなのではないかと思います。

さてこの曲、コード進行もアレンジもシンプルといえばシンプルなんですけど、なんともいえないカッコよさがある曲です。今聴いても全然古さを感じさせませんし、いろんな意味で幸宏さんらしい曲ともいえるかもしれません。

アレンジ面ではやっぱGuitarがポイントですね。共同作曲者でもある鮎川誠さんをはじめ、大村憲司さん、立花ハジメさんといった錚々たるメンバが演奏してたと思います。左右のバッキング、そして間奏での印象的なソロ・・・。

ということで着メロ製作にあたってもGuitarにいちばん力を入れました。残念なのは全体の演奏時間の関係から肝心の間奏部分を短縮せざるを得なかったこと。ちょっと強引にというか無理矢理短くしてます。ごめんなさい。

B0007N35JS音楽殺人
高橋幸宏

曲名リスト
1. SCHOOL OF THOUGHT
2. MURDERED BY THE MUSIC
3. KID-NAP,THE DREAMER
4. I-KASU!
5. RADIOACTIVIST
6. NUMBER FROM A CALCULATED CONVERSATION
7. BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL
8. BLUE COLOUR WORKER
9. STOP IN THE NAME OF LOVE
10. MIRRORMANIC
11. THE CORE OF EDEN

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




  1. 2005/06/04(土) 08:34:54|
  2. 作品コメント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

サウンドハウス

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。